今月の福利厚生本(西野くん) ウラジーミル・サンギ『ケヴォングの嫁取り』(田原佑子訳、群像社)

今月の福利厚生本(西野くん)

ウラジーミル・サンギ『ケヴォングの嫁取り』(田原佑子訳、群像社)

あ、ありがとうございまーす、あ、こんな、大きさなんだ

あそうそう

なんかちょっと、いいですね

これ、珍しい判型だよね

珍しいですね

どういうことなんだろうな、

なんか

あ文庫のひとまわりほんとにひとまわりずつ大きいって感じかな

ほんとですね横幅もちょっとある

横幅この横幅変っていうか珍しいよね

珍しいっすね、へ~、これはいいな

高さ的には、もしかしたら白水Uブックス、あ、

違う、

あはははは

なに、なにとも、なにとも似てない

これ見たことない

見たことないっすね、へ~、そうなんだ、これはどこで、買い求められたんですか

これ丸善で、ロシア文学コーナーにあった

すばらしい

ありがとうございます、ね、けっこうこれ、シリーズでいっぱいあるのね

あそうなんですか、この、ライブラリーシリーズっていう

ライブラリーシリーズっていうんだろうね

ふ~ん、

そうだね、ロシア文学コーナーにけっこう見たから、ロシア文学が充実したライブラリーなのかな

ああ、かもしれないですね、この作家のやつって、これと、もう一冊くらいしか出てない

あそうなんだ、サキ、あ、サンギ、サキってあれか、有名な人だもんね

サキは、イギリスかどっかの人ですね

イギリスかどっかの人だよね、へ~、これは、俺も全然、群像社っていうの初めて

群像、群像って雑誌はあるけど、群像社って僕も、神奈川県の出版社ですね

神奈川

神奈川、横浜、へ~、

へ~、

いやなんかこれ、僕も最近この名前この作家の名前知ったんですけど、なんかあの、ニヴフってあの、少数民族なんですけど、ギリヤーク人、

ギリヤーク人、別名ギリヤーク人ていう

ぎりあっく?

ギリヤーク

ぎりあーく?

ギリヤーク

ぎりゃーく?

ギリヤーク

ん?

ギリヤーク

ギリヤーク、へへへ、はい

でそれがあの~、サハリン島っていうチェーホフの、まあなんていうか、変な、旅行記みたいな、紀行文学の、みたいなものなんですけど、それにも出てきたり、でそのサハリン島を、なんかあの、村上春樹が1Q84で、なんかこの、ちょっと、読む、シーンが出てきたり

あ、ああ、なるほど、へ~

そうそのつながりでちょっと気になって

へ~

なんか珍しい本だし、買おうかなと

え、なに、なん、なんのきっかけで、この、作家は、知ったの

いやなんかあの、大学の、沼野充義っていう、ロシア文学者がいるんですけど

あ~はいはい

その人がもう定年で退職されるんですね、それの最終講義のタイトルで、なんか、大江健三郎、村上春樹、そして、サンギ、サンギみたいな

お~

サンギってなんだ!みたいな

ほんとだねそれいいね、あたかも、みたいな、へ~

これ読まなきゃと思って、それ聞きに行こうと思ってるんで、読んどいたほうが絶対いいな

なるほどね

これは長編みたいなんですよね

ふ~ん、サンギサンギ

はじめて僕も名前それで名前知って、訳されてるのが、ちゃんと訳されてる訳、邦訳が出てるってのが、すごいですね、あんまり売れてないと思うんですよね

俺も全然知らなかったね~、まあこのシリーズ自体全然知らなかったし、

おすすめですね読んでないけど

あはははは、なんか、福利厚生本のリクエストのときさ

はい

俺あの、ちょうどパソコンの前にいたときで、目ざとく見たんだけどさ、

一瞬

一瞬、村上春樹の、あれだったよね

あそうです一瞬あれにしようと思ったんですけど、でもあれは読んだことはあって持ってるんですよね、でも、なんかそんとき、なんかこう、いつもは普段は線引いたりとかしないんですけど、なんか時々線引いちゃって読んでて、で、自分が線引いたところを読み返したくない

ああ、なるほど、へ~

でー、と思って、まあ見られてたんですね恥ずかしいです

ぴっ、と出て、お、村上春樹なんだーと思ってなんか、へーって思ったら、あれなんか違うのになってるみたいになって

ちが、なんか福利厚生本的なかん、あのー、あれでまた村上春樹だと、なんか芸がないなみたいなのも

あ、そういう、そういう配慮があったんだそんなんいいよ別に

てのもちょっとあったし、

芸でやってるわけじゃないからね

あとむらかみはる村上春樹ならまあどこでも売ってるから買いに行こうって思って

ああたしかに

と思ったってのもありますね

ちょっといまさら買うの恥ずかしかったですけど、まあそこは、そこは向こうから見れば別に

ほんとそうだよほんとだよね

気にしてない

ほんとだよね、まあそういうときはさ、サンギとか一緒に買って、

ああ

なんかこう、

そうですね、でもサンギはもういっこの短編集はもう、けっこう品切れ、みたいな

あそうなんだ

けっこう、まあ普通に中古で、買えるんですけどねアマゾンとかで、でもほんとなかなか、なかなか増刷もされなさそうだし

ほんとそうだよね

でもこの、沼野先生の最終講義で、読者が増えるかもしれない、

そうだよね、てか今、こうやって買い求められてるだろうねきっとね

かもしれないっすね、どっかで、福利厚生本として

それはなかなかいないだろうけど、

まあでも、素敵な判型ですね判型っていうか、

ねえ

本のつくりすごい、素敵ですね

ねえ、この大きさいいよね

しかもハード、ハードカバーじゃなくて手に取りやすい感じ

そうだね

でも文庫とは違ったプレシャス感があって、きれいですね

きれい、けっこうこれだとたぶん、2行、2行くらいなんか、たぶん、多くなるよね

あ、そう、たしかに

それ、けっこう1ページでなんか、1ページが横長というかあれだねなんか、風景とか見るにはいいかもねよかったりするかもねこういうのってね

風景?

その、風景描写とかを

あ~

どうなんだろ

ああ、たしかに、ちょっと変わってくるかもしれないですね、その、いいな、楽しみだな

いいですね、横長、なるほどな~横長か

なんかその、タイトルの字もいいですねなんかその、風景みたいなのが後ろに

あほんとだ、ほんとだほんとだ

なかなかいいなあこの装丁

パズルみたいにして遊んでみたいよね

えへへ、ジグゾーパズル

どこかなどこかな

いや知らなかったなあ群像社

群像社、はい、お楽しみください

楽しみます

・・・

  
東京・初台
東京・下北沢
東京・西荻窪
執筆・取材等のご依頼、フランチャイズのご相談等は下記メールアドレスまでお願いします。
  • contact@fuzkue.com
©fuzkue 2020, All rights reserved
Photos : Sachiko Saito