fuzkue(フヅクエ) - 一人の時間をゆっくり過ごしていただくための静かな店

3月の現状

Entry blog fuzkue455

10月の現状 | fuzkue
11月の現状 | fuzkue
12月の現状 | fuzkue
1月の現状 | fuzkue
2月の現状 | fuzkue

「「端的に言って最高の月だった」と書かれた1月に次いで2月もまた素晴らしい月だった。」と書かれた2月に続いて3月もまた素晴らしい月だった。
「ただ今はなんとなく「もう終わりかな」という暗い心細い気持ちでいるのも確かだ。なぜなら3月のここまでの2日間があんまりに惨憺たるものになっているからだ。というこの短絡。」と書かれた3月に続いてただ今はなんとなく「もう終わりかな」という暗い心細い気持ちでいるのも確かだ。なぜなら4月のここまで数日があんまりに惨憺たるものになっているからだ。というこの短絡。

3月、よかった。一日あたりの売上は1,2月とだいたい同じだったのだけど営業日数が1,2月よりも多かったためそのまま月の売上も多くなるかっこうで最高売上を記録した。
週末は1,2月は「これはOZマガジン効果かな」と思っていたのだけど変わらない水準を維持し、もうその効果もまあなくなったと言っていいだろうという気がするので、3年目になって地力がついてきたものと信じたい。信じたい。
2月から12時開店になった平日はちょっと色合いが変わって、2月は伸びた営業時間であるところの「12〜18時」に来られた方の割合が64%と、「おいおい今までの営業時間はいったいなんだったんだよ!www」ということになったのだけど、3月はその時間帯の割合が46%に下がった。3月の平日はずっと2月よりも低調で「あちゃーそうかー」と思っていたのだけど最後の週が毎日調子がいい感じになったため前月と同じくらいの水準まで戻せた。なので総じて2月と同じような感じだった。

ところで「平日の営業時間を変えようかな日記」という1月に思いつきを書いた記事でこう書かれている。

せめて、その6時間で今定食屋で作っているだけの売上は作る、となったとき、そうとうの高確率で無理。
なので、そうすると、中途半端は続くことにはなるのだけど、いきなり脱ステロイドはしないでちょっとずつ減らしていくみたいな感じでいけないかなーというふうに今のところは考えていて。フヅクエと並行してランチな定食はランチな定食で続けつつでもフヅクエになるのでおしゃべりはできなくなるのでお一人の方しか来られなくなるので半分あるいはもっと減りつつ、その足りない分を12−18のフヅクエでどうにか補完して、いつか、きれいにフヅクエだけになる、みたいにいけないかなー、みたいに考えている。

で、それでやっているんですよ、平日の昼間はだから、フヅクエであると同時にこれまでと同じように近隣のOLやOGの方が休憩時間にお昼を食べにっていうのができるようにもなっていて、それでいくらかでもベースを作りたいなというところでやっている、なお、OはオフィスのOでLはレイディ、Gはジェントルマンです。
で、このかたちにする前に懸念していたことが一つあって、「なんだと!一人飯ができる店があるのか!なんてすばらしい!」となって定食屋やってたときよりもお昼の定食需要が上がっちゃったらどうしようwww、一人飯をしたかったOWの方々が大挙してやってきたらどうしようwww、本末転倒www、と思っていた(なお、OはオフィスのOでWはワーカー)。のだけどそうはならず、わりと「このくらい来ていただけたらなんかベース感というか意味ありつつ負担にならないちょうどいい感ある」と思っていたあたりに落ち着いている。するとどういうことになるのか、というところで。

というところで、「いつか、きれいにフヅクエだけになる、みたいにいけないかなー、みたいに考えている」とありますけれども、それは要は定食屋という支えを完全に取り払えたらいいな、というところなわけだけど、先の記事ではこうも書かれていた。

数字的には大いに助けられて、今でもまったく無視できない数字というか僕の仕事が作っている売上の1/3を占めているんですよね。これがなくなったらいまだにやっぱりやっていけない、とてもじゃないけどやっていけない

ということでこれまでは売上の30%とかが平日昼間の定食屋で作られていたわけで、ちょうど一年前の最たる惨憺感のあった2月3月とかは40%以上が定食屋売上だった、もっと言えば定食屋を始めたのが2015年の5月半ばだったのだけど6,7,8月は50%を越えていた。要はとてもじゃないけど失えないというか砦みたいな最後の砦みたいなところだったんですけど、それが、だから、2月に営業時間を変えて、定食屋機能は目立たせないかたちでうっすらと残して、ということになったところ、2月3月ときれいに同じ数字になったのだけどその割合が9%まで減った。91%を純然たるフヅクエとしての売上で作ることができた。
これは、すごく希望の持てることで、というか、「あほんと、こういうことにできたんだ!」と驚いたことだった。正月の車中で父親から何だったかを尋ねられたときに「定食屋なしじゃとても無理なんだよねー」みたいなことを発言していたのを思い出すのだけど、その時点では平日昼からフヅクエという考えは1ミリもなくて、そんな可能性は考えたこともなくて、それがたった2,3ヶ月後には「この調子であるならばフヅクエだけで成り立たせられる」とか言っているのだからわからないものだなと思う。

で、営業時間を変えた2月から、「丸一日休みを取る」というこれまでずっとできなかったがことができるようになって、ということは先月も書いたのだけど、3月はさらに、という感じで、劇的にこれはエポックだなという感じだったのだけど3月はなんと旅行などというものをするなどということを実現させてしまった。年始に「今年の抱負は「ワークライフバランス」でいつの日か旅行とかもできたら最高最高」とか書いていたのだけど、「スタッフちゃんのひきちゃんが入ってくれているうちに今のうちに」みたいなところもあって、丸々2日間ひきちゃんに任せて長野県の諏訪に旅行にいってきた。これはなんというか、これまでのことを考えればとてもすごいことだったし、と同時にこういうことってわりと意思の問題なのかもなとも思った。

とまあ、店にとってもお客さんにとってもいいことばっかり感のある営業時間変更後のフヅクエですがそればかりではもちろんなく、3月はその旅行の週以外は週1日ひきちゃんが入ってくれていたのだけど、今月以降も週1な感じになるのだけど、2月はたくさん入れますよ〜ということで丸一日+夕方からという週2回な感じで入ってもらっていたところから3月は減った格好だったわけだけど、そうすると、これ完全に疲れるな、ということが判明した。週6日間12時間というか14時間くらい労働、これは暇な日でもやっぱり疲れるなということが判明して、けっこうヘロヘロに疲れていた。毎週もう半日くらい休まないともたない感じがする。まだ大丈夫だけど、どこかで息切れする気がする。これはなんか課題感があって、週1日8時間くらいみたいなそんな、人を、いつか、募集したり、することに、なるのか。どうか。

とか、に限らず、いろいろ暗い顔で思い悩むというか「これどうすっかな〜……」みたいなこともあれこれあるんですけど、そしてそういうのはとても大事にしないといけないなと思いつつなんですけど、楽しいことではないのだけど、なんですけど、まあとりあえず忘れて忘れてというところで総じてはというところでそういう感じでいいよいいよ〜〜〜2017いいよ〜〜〜マジでちょっとこんな調子で頼むよ〜〜〜頼みたい所存だよ〜〜〜4月はしかし月初のスタート不穏すぎて先行き不安だよ〜〜〜という感じでした、という話でした。なお今日はここまでわりと調子よくお客さん来られて「あれ?もしかして今月も大丈夫な感じになるかな?」とか思っている。短&絡。いつだって一喜一憂しかしない。(追記:書いたのが夕方でおシェアしようとしている現在が21時過ぎなんですが夕方のそのあとさっぱり暇で「やっぱ4月はダメなのかもしれない…」となっている)

「フヅクエの日々」の他の記事