初台にある、一人の時間をゆっくり過ごしていただくための静かな店

Pict 001

ゆっくりと本を読みたい。外で。家はすぐ寝ちゃうし集中できない性分なので。

おいしいコーヒーが飲めて、お腹がすけばご飯も食べられ、飲みたくなったらお酒も飲めて、 つまめて、そんな場所で気が済むまで本を読みたい。 静けさが約束されていて、静かだけど緊張を強いるようなものともまた違う、心地良い静けさの場所で本を読みたい。

どれだけ長くいても「そろそろ出たほうがいいかな」とか思わないで済んで、 「全然、ほんとそれ大歓迎ですよ」と言ってくれるような場所で本を読みたい。

だだっ広いチェーン店の片隅で感じる心細さとか孤独感とかそこに流れる非人間的な時間ではなく、なんとなくほっとできる、なんだかよくわからないけど人間味みたいなものを、 親密さみたいなものを感じられる、そんな場所で本を読みたい。

ただし店の人と話をする必要なんてなくて、慣れ合いが始まってその末に行くのがだるくなるみたいなリスクを抱えたりしないで済んで、会話はなく、それでいてほっとできる、「なんかオッケー」と思えるような場所で本を読みたい。

と、ずっとほしいと思っていたそんな店を目指して、つくりました。

2014年10月17日 フヅクエ 阿久津隆

   

(具体的にどんな過ごし方ができる店なのかはaboutページに。初めての方はお読みください。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
fuzkueの店舗情報・アクセスマップなどをみてみる