本の読める店

平日の営業時間を変えようかな日記

Entry blog fuzkue429

平日も昼12時からの営業にしようかなと、思いついちゃってから、そればっかり考えているので、いったん外に吐き出しておこう、というのがこちらのエントリーなんですが、ってちょっと待ってね違うからねそれじゃないからねと、まず慌てて言いたい。

12/02 週末の営業時間を変えようかな日記 | fuzkue
12/26 週末の営業時間の変更のお知らせ | fuzkue
01/10 開店時間変更後初めての週末を終えての感想とこれからについて | fuzkue

この流れありますけど、今度は「平日の」とか言い出す。そりゃあ見る人は思うだろう、「もしかしてこいつ週末3日やっただけで「昼間ってマジでいける」と思ってそれで今度は平日まで変えようとか思いついたのかななんという短絡&早計www」という感じに。でもちょっと待ってね違うからねそれじゃないからねと、だからまずは慌てて否定したい。
なぜなら、このことを考え始めたのは1月の5日とかつまり「開店時間変更後初めての週末」をまだ迎えていなかったときだからだ!
QEDQED以上証明終了な感じなんですけど、だから決して3連休で思った以上に早い時間にお客さん来られたから平日もどうかとか考えだしたのではないということは無事ご理解いただけたと思うのだけど、ともあれ1月5日だったと思う、夕方に12月の経理をやっつけちゃおうと思ってexcelちゃんとイチャイチャしていたところ、ふと「ふーむ、平日、昼間」と思ったんですよね。

なお、ここでひとつ平日の現況を確認しておきましょうというところなんですが、平日昼間は写真の通り定食屋をやっている。
2015年5月だったかな、とてもフヅクエだけじゃやっていけない、というか出血が止まらなくて貯金の底がどんどん見えてきたぞ、このうえなくクリアに、というところで平日の昼間に定食屋としての営業を始めたんですね。定食一択の、もちろんお話したりとかはオッケーの、純然たる定食屋。途中まで名前は特につけていなくて途中からは定食川越という名前になって。扉の「fuzkue」は定食の内容を印刷した紙で隠してメニュー表とかは全部回収してフヅクエという言葉はどこにもないような形で。これはフヅクエではない、フヅクエとは関係ない、ただの俺の副業、みたいな感じでやってるんですよね。
初台ってわりと会社がいろいろあるので働いている人はそれなりにいるっぽくて、上がり下がりありつつある程度のラインは安定的に確保できる感じで、数字的には大いに助けられて、今でもまったく無視できない数字というか僕の仕事が作っている売上の1/3を占めているんですよね。これがなくなったらいまだにやっぱりやっていけない、とてもじゃないけどやっていけない、それが現況ですね。
だから今は平日は11時半に定食屋を開けて、14時とか14時半とかに閉めて、18時のフヅクエオープンまでのあいだは買い出し行って仕込みをしたり仕込みがあまりなかったら本読んだり昼寝したりする、そんな感じですね。

でですね、それやめらんないかな、定食屋やめらんないかな、やめて、フヅクエとして12時から営業するっていう説はありかな、なしかな、できないかな、と1月5日に初めて考えたんですよね。
なんかこう新年らしく、考えたんでしょうね、未来とか。適切な未来を作っていこうとしたときに、定食屋を営業しているという状態はその未来像の中に入ってくるわけがないんですよね。僕はフヅクエは最悪僕が病気とかで立てなくなっても店として成立できる状態を作っていかないといけないと思っていて、そのときに定食屋の存在はたしかに収益のベースになってはいるのだけどボトルネックにもなっている。定食屋をやらないと成立しないなんて状態は、あるべき未来を考えたら完全にアウト。
あるいはなんかこう、読書好きの人にとっての聖地になるんだぞ、ということを考えたとき、聖地はやっぱり定食屋を副業でやっていたりしないんですよね。中途半端でかっこわるいよな俺ってすごい思ったんですよね。このかっこわるいのダメだなっていうのはSHOZO行った影響がたぶんあって、SHOZOかっこいいよなって思って、フヅクエもかっこいいのがいいなっていうのがあって、だから今のかっこわるいの嫌だよなってなって。
それから単純に、副業と言いながら、そこに割いている労力があまりに大きいんですよね。僕の仕込み活動の8割くらいは定食のおかずの作成なんじゃないのかと思うんだけど、そのうちフヅクエでお出ししているのってたぶん1/5とかいやたぶん全然それ以下で、大半が定食屋のための仕込みになっているんですよね。それは、やっていてたまに思うんですよね、なにやってんだろうな俺は、って。誰のために何のために働いてるんだろうなって。フヅクエのために働きたいよねって。

とかいろいろあって、定食屋やっていることが今の段階でものすごいつまらないとかつらいとかでは一つもないし好きなお客さんもいるというかこの人たち最高に好きだなーみたいな、いらっしゃるとそれだけですごいニコニコ楽しい気分になるような方々もいるし、絶対やりたくない、という気分はないのだけど、でもここにはフヅクエの輝かしき未来はどう考えてもないよねと思うと、できるだけ早くそこから抜けられるようにしたほうがいいんじゃないか、とか思ったらしいんですよね。

それで、さっきも書いたように売上の小さくない部分を占めているわけで、ただ単にやめたらいいものでは一つもなくて、というのでじゃあ平日も昼からフヅクエということかな、みたいな話になったんですよね自分の中で。
ただ、平日12時から18時、その時間にフヅクエが開くことによって、いったいどれだけの人が来てくれるのかと考えると、まあめちゃくちゃ少ないだろう、というイメージしか湧かないわけなんですけどね。夜の閑散を生き続けている身としては「平日も昼間であればがっぽり来る!」なんてとうてい思えるわけもなく。でもそれだとまずいんですよね。せめて、その6時間で今定食屋で作っているだけの売上は作る、となったとき、そうとうの高確率で無理。
なので、そうすると、中途半端は続くことにはなるのだけど、いきなり脱ステロイドはしないでちょっとずつ減らしていくみたいな感じでいけないかなーというふうに今のところは考えていて。フヅクエと並行してランチな定食はランチな定食で続けつつでもフヅクエになるのでおしゃべりはできなくなるのでお一人の方しか来られなくなるので半分あるいはもっと減りつつ、その足りない分を12−18のフヅクエでどうにか補完して、いつか、きれいにフヅクエだけになる、みたいにいけないかなー、みたいに考えている。

どうなのかな、平日昼間フヅクエ必要とされるのかな、不定休者な僕だったら平日昼間フヅクエはサンキュー案件なんだけど、どうかな、不定休者来るかな、どうかな。ひえーーーー

ということで、それを思いついてから一週間とかが経ったわけだけど、ちょっと頭の中が完全にそれに支配され続けていて、そういうふうに支配され続けているということはまあほぼほぼ確実に実行に移すんだろうな俺はそういう人間だよね、ということになっている。ほんと思いつきと衝動ってやばいものですよね。これまで1年半とか考えもしなかったことを、思いついた瞬間にもう、なんでこれまでそれ考えなかったのかまったく意味わからないわってなってるしそれ以外ないんじゃないかってなってるわけだからね。ほんと恐ろしい。

なお、そうなったとき、僕の、これは労働時間というよりは営業中の店に拘束される時間(買い出しと昼寝ができなくなる)、は当然とりあえずとのところ長くなる。週末も長くしたうえに平日も長くして、一見労働のセルフブラック化が加速されるように思える。
のだけど、むしろ、この全日12時24時のフヅクエになることによって持てる希望として、一つは「俺定食屋だっけ?」みたいな仕込みをこれまでよりもしないで済むようになる、それから昼飯バカ食いしてバカ眠くなってバカ昼寝するバカサイクルを強制的にやめられる、そして昼寝できないかつどうせ昼開けててもたいがい暇なのでもっと本を読むようになる、有意義、みたいなふうになるんじゃないかなということがあって、それからもう一つが大事で、目指す形に近づいていけば働き方をもっとコントロールできるようになるはず、18時24時の営業よりも12時24時の営業のほうが人を雇うというときにいろいろな雇い方の選択肢が生じる、そうなったときに、今はまったく作っていない丸一日休みとかもちゃんとデザインできるようになるはず、ということがある。かっこ悪くない店になりたいということと同時に、働き方をどうにかしていかないといけないというのもこの変更をうながす大きな要因ではある。なので、なんというか、今年の目標は先日も書いた通り「ワークライフバランス」なんですが、ワークライフバランスを実現するためにもまずワークワークワークというか店超開けるみたいなことなんだよなとも思っているのだが、どうか。あやういか。実にあやうい気もするが、どうか。

いやーーー参ったなーーーやるよねーーーこれはやるよねーーーいったん外に吐き出しておこうとか言ったけど書くことで吐き出したもの固めちゃった感ありありだよねーこれーーーーひえーーーーだよほんと。いやーーーーおそろしやーーー2017ーーーーー

「フヅクエの日々」の他の記事