本の読める店

今月の福利厚生本(マキノさん) 有元利夫、有元容子『花降る日』(新潮社)

Entry apc 0324

今月の福利厚生本(マキノさん)

有元利夫、有元容子『花降る日』(新潮社)

はい

はい、あ、ブックカバーがついてる

そうなの、岩森書店、荻窪駅南口

へ〜〜〜〜

いやあこれ素敵なブックカバーだよね

いいですね

なんか送ってもらったリンク見たあとになんとなくアマゾンでも見たら、

うん

そっちのほうが安いのがあったんだけど、なんか状態がどうかなって思って

あ、そうなんですなんか、いろいろ比べた結果あそこにしました

えっへっへあそうだったんだね、そうそうそれで、そこ、結局あのリンクのとこで、買ったんだけど、このブックカバー、すごいいいよね

うん

これうれしいね

荻窪だけど、行ったことない

あ〜、今度行ってみないとね

うん

ふるほ古本屋さん

どうなんですかね

なのかな、古本屋さんでブックカバーって、どの程度一般的

あー、でもわりと、かけ、わからないですけど掛けてくださいって言って、言われたら掛けるってところはいくつか知ってます

へ〜、そうなの、あるんだなって思った

オリジナルが

ね、これはいいブックカバーだなあ

えへへへ

ふふふふ、なんかブックカバーって、いいものだと思うんだよね俺なんか、なんかどこで買ったってのがぱっとわかる感じっていうか、好きっていうか

あ〜

へ〜、に、日記なのそれは

これは、これなんだろうな、なんか、画家の人なんですけど、このあいだ、たまたま、図録を買って、過去の展示の、回顧展の図録だったんですけど、ええとその中、この人のこと全然知らなくて、なんかジャケ買いみたいな感じで、よさそうだなって思って、買ったら、その図録の中で、この人、の著作、本が、なんか二冊くらい引用されてて、けっこう、でそのうちの一冊、は日記で、買って読んだんですけど

あそうなんだ

なんか面白いなって思って、

へ〜

引用されてたやつのもう一冊のほうも買おうと思ったら、図録、なんか絵がメインっぽかったので、そっちじゃなくて文章が読みたいなと思って、で探してたら、この本があって今回はこれにしたんですけど、手帳って書いてある

日付け

日付けはないですね、奥さんの文章なのかな

ふーん、それと、作品、みたいな

うん、もう、自分で買ったほう、もうひとつの空っていう本だったんですけど、それは完全に、副題が日記と素描って書いてあって、ほんとに素描と、日付けと文章の日記形式でしたね

へ〜日記を書く人だったんだね

38歳くらいで亡くなった

あそんなに、へえ、いつくらいに、の、人なの

亡くなったのが、1984年くらい

あ、へえ、へ〜、風強いのかな

ああ

そんな、ふうだったっけ

でも天気予報で北風がどうのこうのって言ってた

なんか、なん、いい、いい大きさだよね

大きさ

へへへへ、へへへへ、つい

へえ、かっこいい

西野くんめっちゃ横目で見てる

めっちゃかっこいいですね

かっこいいよね

かっこいい、あ全然カバーと違う

ですね

全然違うね

山っぽいですね

山っぽい、へ〜、立体も、絵も描く人なの

なんか立体も、つくってたけど、たぶん絵がメインの人

あそうなんだ

なんかほんとになんにも知らなかったんですけど、調べてたら、今年の6月くらいに、Bunkamuraで、また回顧展をやるみたいで、

あそうなんだ

行こうかなと

ちゃんと、それまでに、展覧会とかできるようになるといいね

ああそうですね

どうなんだろね

それ面白いですね、そんな、小さい、箱入りのなんか

へ〜〜

ジョゼフ・コーネルっぽいですね

ああ、かっこいい

・・・

メールマガジンを配信しています。
店主著書『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。
下北沢店をつくりますのお知らせ

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今月の福利厚生本」の他の記事