本の読める店

今月の福利厚生本(山口くん) ハーマン・メルヴィル『白鯨(中)』(八木敏雄訳、岩波書店)

Entry apc 0283

今月の福利厚生本(山口くん) ハーマン・メルヴィル『白鯨(中)』(八木敏雄訳、岩波書店)

忘れるよね

ですね

よいしょ、はい、

お〜

中巻でいいんだよね

はい

ええと、上巻を、読み終え、ったの

もうすぐ、

もうすぐ終わりそうなんだ、面白いんだね

面白いですねえ!

うわふふふ

とんでもなく面白いですね

へ〜〜そうなんですね

なんか、福利厚生本で中巻頼むのもどうなんだろうなと思いながら

や、いいでしょう

いいですかね、

へ〜〜、ええと、なに、それは、大きいクジラと、たたかうの

意外とまだ全然たたかわなくて、

ああそう、そうなの!

なんか、

へ〜、そうなの!

なんか、意外と普通に生活なんか、こういう感じなんだ〜ってなって普通に、船に乗るまでの生活を一日一日の生活を、

へ〜〜〜、そうかあ、なんか、白鯨の話したっけなんか、先月末くらいに、

なんか、読み、たいと思ってる、みたいな話、しましたよねそのくらいしか話してないですけど

俺が読みたいって言ってたんだっけ

なんか、僕が、読もうと思っててって言ったら俺も読みたいんだよねえって

あそうか、

そんな感じです

おんなじ日に、なんか、あの鈴木さん? あ鈴木さんって矢印なんだこれ矢印どこ向いてんだははは

ははは

鈴木さんと話してるときに白鯨の話になって、なんかみんな白鯨読みたいのかなみたいな一瞬よくわからない、なんか俺は俺はあのコンラッド読んでさ、台風のやつ

ああはいはい

船やばいな〜って思って、白鯨もきっと船だから、白鯨かなとかちょっと思ったんだけどさ、あれ、なになにイラストとか入ってるの

そうなんですよなんかこのイラストがかっこよくって

ふ〜ん、

なんかまいあーでも毎回ではないのか章が、の始まりになんか、この感じでなんか、一個だけなんか、

あ〜そうなんだ、なんか上中下で表紙の絵も違うもんね

そうですよね

きれいだよね、へ〜、いいなあ、俺もなんか、読みたいなあ、

あそうだオーバーストーリー読んだときに白鯨がなんか、ちょいちょいというか2回くらい出たんですよ、それでなんとなくこう、

ふーんなるほどね

いつか読みたい白鯨だよね

なんか思ってたのと全然違ってて、すごいいいです、もっとこう、なんていうんだろうな、こう、読みつがれてきた偉大な名作みたいななんか硬い、イメージしてたんですけど

読みやすいんだ

かなり読みやすいです

へ〜、そうか、いいな、なんかがぜん読みたくなってきちゃったな、でも別れる理由全然途中だから、超長編は、並走させられない感じするよね

別れる理由はどこまで

今けっこうペースが落ちてて、真ん中の巻のまだ前半な感じ

あれは3巻ですか

あれは3巻ですね、いいね引き続き楽しんでください

・・・

メールマガジンを配信しています。
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。
下北沢店をつくりますのお知らせ

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今月の福利厚生本」の他の記事