本の読める店

今日の一冊

Entry 0610

今月の福利厚生本(山口くん)

サマンタ・シュウェブリン『七つのからっぽな家』(見田悠子訳、河出書房新社)

はい、本

あ、ありがとうございます

いえいえいえいえいえ、いやー今日はひどい日だったねえ日曜日なの、に、へへへ

はい

それさあ、これ、ここがきれいだと思うんだよね

これなんか紙が、すごいですよね、これ開いても

あ紙も違うんだ、

紙が

あれなんかすごい薄紫に見えてるけどこれは光の加減かな

でもなんか青っぽい紙みたい

あ、そうなんだ

でした

へ〜

なんかなんの紙、なのか、すごい

これーは、なんかいいよねえ、この、なんていうんだっけこの、べっちょうとびらとか言うんだっけ、

へ〜

違うかも

あこれ、これですか

いや別丁扉とか全然違うかもしれないなんかそのぴん、ピンク色の、

あ〜

とここの組み合わせがすごいきれいだなと思って、これは、あ、へ〜、きれい

うわかっこいい

かっこいいね、へ〜、装丁は、誰なの

あれどこかな、佐々木、なんて読むんだろ

ふーん

佐々木さんです

佐々木さんね、佐々木さんすごいね、へへへ、それアルゼンチンの人だっけ

でしたっけ

なにで、なんで、なんなの

へへ、これツイッターでなんか、見かけて、なんか誰かが、今、今度出る、本でこれがほしいみたいな、あアルゼンチン

あアルゼンチン

あ、へ〜、ってなって、本屋さんで見たら、うわかっこいいってなったんで、ていう、だけでしかないんですけど

へ〜、アルゼンチン、南米、ラテンアメリカとかってあんまり、あれガルシア=マルケスとかって、あガルシア=マルケスは読んだんだよね

ガルシア=マルケスは、そうです百年の孤独とか、あと何個か読みましたね

あそうかこの前なんか読んでたよねコレラの時代の愛だっけ

あそうでしたねコレラの時代の愛でした

おもしろいといいね

おもしろいといいですね

へへへへへ

あ、意外とガルシア=マルケスしか読んでないかもしれないです

ふ〜ん

あ、でもロベルト・ボラーニョ、通話は最近、まだ全部じゃないですけど、読んでます

通話、俺最初のやつすごい好きなんだよね、センシニ、センシニとかでも、山口くんも、ちょっと、思うところあるんじゃないの

あれなんか

ははっ、思うところというか、へへへへへ、思うところあるんじゃないのって嫌だね

はははいや全然大丈夫です

そう、ちょっとやだな今の、でも、なんかね、書く人の話だもんね

そうですね

あれすごい好きだな、ちょっと今から読もうかな

へへへへへ

短いですよね

そうだね、あーすーごい好きだなーあれなー

なんか、あれか、同時代に、自分と同じ文学賞によく出してた、人あ違うか、先輩みたいな人に、会いに行ったら、会いに行ったら? 娘さんかなんかと文通してたんでしたっけ

あ、えっと、作家、ていうか、その、大先輩ぐらいの作家と文通してて、それで〜、会いに行ってない、

ある日、娘さんが、夫かだれかと一緒に、泊めてもらえるみたいな感じで来て、

そうだ

いい、邂逅の、瞬間ですよねなんだか、なんか、ベランダで煙草とか吸うんだよね二人でね

そう

そこがなんかすーごいなんかわーーーって思った、そうか、読もっかな、今から

僕あれが、本の一冊目の、あのなんていうの一番最初の話で来ると、怖い話なのかなみたいな感じで

へへ

なんていうの

へ〜

って思ってて、でも普通に、普通にというか、めちゃくちゃあーなんだかうわいい話だって感じで終わったので食らったカウンターみたいな感じになってすごい、うわーってなってへっへ

へへへ、怖い、なんか、あれだよね、その、なんかボラーニョって、底抜けの恐怖みたいなことってけっこう、ちょこちょこ、てかそれが、それこそみたいな感じなのかな、あれでもさなんか、軍事、政権に、息子を、殺されたのかな、とかなんか、広大な、こう広漠とした、土地で、家がひとつだけあってみたいな

うんうん

小説みたいななんか、なんか恐怖みたいなものがそこでも書かれてて、なんか怖いんだよね、なんか背筋凍る系の怖さというか、じゃあぜひ2666も

あれは、すごいですかあれ

あれはね、あーりゃすごかったねえ

あれはなんか、すごそう、すごそう感が

へっへっへっへ

ひしひしと

さっきツイッター見てたら、なんか、電車で、2666を読んでる人がいたみたいな

うわすごいな

それはやばいなっていう、へへへ、それは、声かけたくなるよね

へへ、通話読んだあとに、2666行ってもなんか、大丈夫、なんですか大丈夫なのっていうか、阿久津さんは最後に読んだんでしたっけ、ボラーニョコレクションの

いやボラーニョのコレクションの最後ではなくって、あの、ある一年、ラテンアメリカ小説縛りを

あ、そうだ

してた一年のラストで、だからボラーニョのコレクションはね、そっから、くらいだったんだよね

あそうなんですね

通話もあれ、コレクションの以前に一回ふつうにエクス・リブリスで出てて、でそっから、多分2666以降にコレクションが始まって

あ、そうなんですね

また改めてみたいな、やでもどうだろう、ボラーニョ俺、野生の探偵たちと

あ、

通話、までしか多分出てなかったんじゃなかったかな、2666までの、には

野生の探偵たちも長いんですよね

あれも長いんだよね、

上下巻でしたっけ

上下巻で、あっちのほうが、ヘビーだった、ヘビーというか、たいへん、という感じがした

うわ2666、通話終わったら

お〜〜〜〜、2666宣言

うはははは、2666宣言、すごい歴史上の、出来事みたいな

えへへへへへ、すごいね、そうか、いいねそれ、暇な時間、ここで、読むのに、うってつけかもね、いやわかんないけど、

へへへ

そっか、まあひとまずはじゃあ、その、アルゼンチンの

アルゼンチンの、アルゼンチンすぐ終わりそう

わかんないよ、

そうですよね

いや何がわかんないのかわかんないけど、うっす、じゃあ、おつかれさまでした!

はっはっは、おつかれさまでした

・・・

現在の読書日記はメルマガにて配信しています。
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。
下北沢店をつくります&スタッフ募集のお知らせ

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今日の一冊」の他の記事