本の読める店

読書日記(134)

Entry diary134

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」 | fuzkue

4月26日(金) 

小雨で自転車、今日が休前日でここから10日休日が続くというのが想像が難しくてつまり今日から11日フルスロットルなのかなんなのか。どうなるのか。いくらか緊張みたいなものを覚えながら準備をしていた。忙しかったら疲れるだろう、暇だったら悲しむだろう。
今日の「今日も読書」の更新作業をしていたところ1年前の今日、SPBSで本を買っていて「売られているリトルプレスの、ページ数や値段や紙を見て、ほう、ほう、と思っていた、と、「野球」の文字が見えた、それは『屋上野球』で、よそでも見たことがあったし手に取ったこともあったはずだった、というかバックナンバーを見たら明確に覚えていた、これは去年の秋に出たボリューム3ということだった、特集タイトルが「野球は、ラジオで」とあり」とあり「あ」と思った。

ゆっくり、着実に、仕込みをしていく。ごぼうとひじきと舞茸と山椒のおかずをつくって、それから人参と切干大根と椎茸のおかずをつくって、それからさつまいもといぶりがっことオリーブと玉ねぎのおかずをつくって昨日食べた蒸し野菜についていた豆腐のタルタルがとてもそういえばおいしかった。なんだか昨日のニューポートでの時間がとてもよかったようで何度もじんわり思い出していて僕たちはきっとまた行くのだろう。

何をして一日を過ごしていたのかな。事業計画書を整えて、もういいかこれで、ということになったのでそれからはお酒のことを考えていた。そうしたら終わりの時間になった。暇な日になって「そうか」と思った。こういう日は本を読みたいよなと思ったがそうならない。閉店後、たくさんおかずとご飯を食べながら『Number』を読んでいた、ルーキー特集の号で今日は大谷翔平のやつと斎藤佑樹のやつと田中将大のやつを読んで、そうしたら食べ終わった。
今日はお客さんから貰ったり買ったりしただから受け取った日だった。吉田健一特集の『ユリイカ』をいただき、お賽銭をいただき、友田とんさんから『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』を買った。すべての交換が交感であったらいい。

帰り、じゃっぷん。

・・・

読書日記のフルバージョンはメルマガにて配信しています。
メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内
下北沢店をつくります&スタッフ募集のお知らせ

・・・

この週に読んだり買ったりした本

マルセル・プルースト『失われた時を求めて〈5 第3篇〉ゲルマントのほう 2』(井上究一郎訳、筑摩書房)https://amzn.to/2v1ZyY0

吉田健一『金沢・酒宴』(講談社)https://amzn.to/2OIhwrr

ビー・ウィルソン『キッチンの歴史 料理道具が変えた人類の食文化』(真田由美子訳、河出書房新社)https://amzn.to/2Ue7akr

『Number 975号「引退緊急特集 イチローを見たか。ICHIRO Last Game」』(文藝春秋)https://amzn.to/2OGcLic

鴻池留衣『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(新潮社)https://amzn.to/2Urg81D

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「読書日記」の他の記事