本の読める店

今日の一冊

Entry apc 0060

吉田健一『金沢・酒宴』(講談社)

極端に面白かった『東京の昔』の後ろの解説のところでこれが吉田健一の長編小説群のひとつだということが知れて他のものもこのまま流れるように読みたくなった。 それで丸善ジュンク堂に入ってその日他にも買ったが一番の目当ては吉田健一のどれかでだから「吉田健一のどれか」という状態でいて講談社文芸文庫のところにいた。いろいろのタイトルがあるがその先日に見た長編小説群のタイトルはたいてい覚えていないから目の前のいろいろのタイトルを見ても「金沢」はたしかにあってそれはあったがそれ以外はわからないしどれも違うように思えて仕方がないので適当な一冊を取って後ろの年譜を見たがあまりはっきりとわからない。インターネットに頼って検索をしてみるとすぐには確信は持てないが中公文庫でもいくつかあるみたいで中公文庫の棚がどこなのか、探しに行く気が起きず面倒になって『金沢・酒宴』を取ることにしてそれが後ろ向きの選択だったわけではなく読みたくなったからそれでよかったがその過程が気にくわないところはあり「あの作家のどれか」という状態で文庫本を大きな書店で探すということはこういうことなんだなと知った感があった。レーベル横断的に「吉田健一」という様子が目の前にある状態で選べたらそれが一番うれしいことだったがそういうわけにもいかないというかちくま文庫であるとか岩波文庫とか講談社文芸文庫もそうだが「そのレーベル」というかたまりを見たいものがたしかにある。その場で好きにソートを掛けられたらいいがその場にある本はデータではなく本であってしたがってそういうわけにはやはりいかない。

・・・

現在の読書日記はメルマガにて配信しています。
メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今日の一冊」の他の記事