本の読める店

開店時間変更後初めての週末を終えての感想とこれからについて

Entry blog fuzkue 427

これまで16時だった土日祝日の開店時間がこの1月から12時になったわけでした。
週末の営業時間の変更のお知らせ | fuzkue

まず感想なんですが「ながっwww」で次にこれからについてなんですが「やらない手がなさすぎるwww」です以上です。

なお、「ながっwww」というのは「ながっ……」ではなく「ながっwww」であることに留意されたくて、ただ慣れないだけの感じ方ではあるのだけど、8時くらいかなと思ったらまだ5時だみたいな10時くらいかなと思ったらまだ7時だみたいな感じで、この感覚のずれがずっと続く感じだったのだけど、そうすると何がいいって、常に「まだある」みたいに思える感じがすごい。そこまでどれだけ暇だったとしても、まだ可能性はある、まだこの時間だから可能性はある、みたいな、そういうふうに思え続ける感じがすごい。そういうわけでこれまでの8時間から12時間への4時間プラスは実に長いプラスでした。

それで、やらない手が、なさすぎるなと、なったん、ですよね。
もちろんまだ3日だけだからなんにもわからないのだけど、僕はこの営業時間の拡大は「仕込み活動とそれに伴う独語・熱唱・絶叫・哄笑にあてている時間を独語・熱唱・絶叫・哄笑を封じたうえで開放してそこでぽつりぽつりいらしたらそれだけでわりと売り上げの補強としていいよね」という目論見だったのだけど、少なくともこの3日間に関しては完全にメインの時間帯になった。
3日間各日のお客さん数のうち48,60,58%が12時から16時のあいだに来店された。この数字の中には15時50分とかの方も入るから、純粋に営業時間拡大の恩恵だけではない数字なのだけど、それにしても完全にメインの時間になった。12〜18時の営業の前半と呼べる時間帯で括るとそれぞれ65,65,75%まで数字は膨らむ。(なので、早い時間にガッと集中したので昨日とかはそのあたりで満席になっている時間帯がちょこちょこ出入りの動きはありつついくらかあって、そのときに来られた何人かの方にお帰りいただくことになってそれは申し訳なかったというか、申し訳ないは違うのだけど、あ、残念、となった)
なんていうかですね、「あ、こんなに早い時間が求められていたのか」というか、「あ、こんなに早い時間が求められていたのかwww」と思ったですね。「2年間なにやってたんだろうな」というか「2年間なにやってたんだろうなwww」とも思いましたですね。
でなんかこう、だから、まだ3日だけなのでわからないながらに、この数字がたとえ半分になっても僕が「その時間開けることでこのくらい増えたらおいしいよね」という数字を上回るので、これはもう多分ですけど、ずっとやるよねこれ、なんかきっとこれ必須だろうな、と思っている。

でそれから、早いのこれはいいなと思ったのが、これまで以上に「この休日をフヅクエにまるまる預ける」みたいなことができるようになったんだなということで、それはとてもいいなと思った。平均を見ても3日とも3時間くらいになっていて、4時間超えはザラだったし7時間半くらいの方が3人おられて、それはこれまでで最長の記録だった(これまで8時間営業だったのだからそこが限度だったわけだけど)。 これはなんかね、すごくいいんですよね、ほまれ感ある。この日は全部フヅクエで過ごしちゃうぞーというのは、そんなことしたくなる店って僕にはほぼないから、というかそれができると思える店ってないから、すごい光栄な感じがするし、そしてこの店はそれをするにはうってつけだよねと思うから、なんか「それそれ〜」と思う。
なので今後は国民のみなさまには7時間半の記録にぜひ挑んでいただきたい。

あと、早い時間ってどういうオーダーがされるんだろうな、まず昼飯食ってそこからダラダラみたいなパターンかな、喫茶な感じになるのかな、どうなのかな、と全然見当がつかなかったのだけど、3日やってみてわかったことは全然わからないなということだった。土曜はサンドイッチとかトーストを召し上がる方が多かった気がして、日曜は喫茶な方が多かった気がして、月曜は食事の方が多かった気がする。たぶん、なんの傾向も出ないんだろうなと思った。

それから、あれですね、だからこう、素晴らしかったんですけど、なにがって、売り上げが。去年の1年間で8日だけ越えた水準があって、それを3日とも越えたんですよね。
これまでで一番よかった日が見てみたら去年のこの3連休の1日だったのだけど、なんだろうな、&プレミアムとかの効果だったりしたのかな、というところなんですが、それを土曜日に超えて、ガチアガッて。それで日曜日はそんなにはいかなくて特に夜はそうとう暇でブログ書いて更新するくらいの余裕もあったのだけど、3日目月曜どうなるかなと思ったら土曜日をさらに越えた。それはだからけっこうな仕事量になったので、なんかこう、「マジで俺働いたなwww」ってなって、最近は夜はウイスキーを飲むことが多いのだけど、完全にアサヒスーパードライのCMな感覚でビールを煽ることになった。労働、疲労、おいしいビール。
これ、さっきからパーセンテージとかなんやかんや数字がどうこう言ってますけど、なんでこれ言えるかっていうと営業終わったら即座にデータの入力をしていたからで、調子いいときは「その数字を、今すぐ見たいの!」となってすぐにexcelちゃんとイチャイチャするようになっていて、これがちょっと下降していくと「そんな数字見たところで酒の肴にもなりゃせんわ」みたいな感じで月末くらいまで長らく放置されるので、なんかすぐに打ち込みたいなって思えるときは非常になんかいいときなんだなって思っています。現金な話ですが。って現金の話をしているわけなんですが。カードも可ですが。

そういうわけで、週末のこれ、半年のあいだ様子を見て、っていうことにはしていますけれど、半年という期間は退路を断たないために引き続き設定しておきますけど、今後ここまでいい数字になることはめったにないだろうけどいずれにせよ無視できない数字が生まれそうだしお客さんの便益的にも過ごしている様子を見てのこっちに湧くうれしい的にもなんか超いい気がするしこの時間でやるだろうなーと思っている。
で、明けて本日火曜8時、だーれも来やせんが。という話でした。

「フヅクエの日々」の他の記事