本の読める店

フヅクエができるまで(40)10月16,17日、始まる

Entry blog fuzkue286

登場人物の説明や更新履歴

10月16日。
「xxxxxxxxxxx日目。明日、始まります。
つっても明日までにやらなければいけないことが山積しているので明日どんな感じで開くのかなーという不安は拭えませんが、明日金曜日17日、今「そういえば大安とかそういうやつだとなんなんだろう」と思って調べてみたら友引らしく、友引は「朝晩は吉、昼は凶と云われています。元は「共引」と書いて何事も勝敗のつかない日」とのことで、勝敗つかないとか最高にいいじゃないかと思ったところ、明日17日、始めます。晩は吉とのことなので16時から24時でやります。
店名はfuzkueといいます。フヅクエと読みます。きれいな名前。(それにしても写真の扉の曇りっぷりがすごいです。積年の日焼けで消えないらしいです)
こっちに戻ってきたのが6月で、うだうだしながら物件探して決まったのが7月ちょい、7月末に工事開始。(俺振り返り始めたー!って今打ちながら思いました)
多くの人に来てもらい、手伝ってもらい、どうにか完成させることができました。これ俺ひとり孤独にやってたら本当にどっかでくじけるか大きな妥協をするかしていたはずです。とてもありがとうございます。
また、フェイスブックで進捗をお伝えしてきましたが、「いいぞ」ボタンでしたっけ、あれ押してくださった方もとてもありがとうございます。「いいぞ」って言ってくれる人がこれだけいるんだから俺がやってることはきっと間違いじゃないだろう、という気になれた気がします。SNSありがたいわーといつになく実感しました。わりと本当に。
いやしかしこれほんと、7月にも「そして店が完成したときには一つの達成感を得るようなことになる予定です。開店の瞬間に一つの達成感があるという状況はけっこう僕は危険で怖いことだと思っていて、「お店を始めることが夢です!」じゃないんだから、そこで一息ついちゃいけないだろ、と思っているのですが」と書いたのですが、作っていく途中はやっぱりだいぶしんどいなーというのもあってこれ完成したらどうなるかなと思っていたのですが、いざ始められる段階になってみて、意外なことに達成感は一つもなかったです。
やっとできたーっていうのはすごくあるけど、「完成」というふうには1ミリも思っていないからなのかな。ていうか単純にまだ開けられる状態じゃないからかな。まあともかく思った以上に先のことしか考えてないので非常によかったです。健全。この気持ちでいきたい。
7月のその投稿では続いて「結局は「とうとう完成した!いやー、がんばった、がんばった!飲もう、酒!めでたい、めでたい!」みたいなことになるようです。」と書いてあるのですが、これは一昨日わりとそんな感じになって、まだぜんぜん作業だよ!という中で友だちがビールを持ってくるので買い足し買い足し、昼から飲み続けて夕方に眠りこける、ということになりました。健やかな感じで微笑ましいです。
そういうわけで、なんだっけな、明日から始めます。今は不安な時間8割、超楽観的で大変ワクワクしている時間2割くらいの割合で過ごしています。この場所がどうなっていくのか、すごく不安であり、何よりも楽しみです。いい店を作ってやろうじゃないか、と思っています。これは俺の逃走であり闘争だ、みたいな妙な高ぶりもあります。(これはわりと言い過ぎというか嘘かな)
とにかく、みなさん本当になんというか今後ともとてもよろしくお願いいたします。」

17日。
「16時予定だったのですが17時から開けます。いきなりやっちまいました…!幸先悪い…!(いやむしろ、友引だから晩まで待てということかな)」

だそうで。
16日17日は買い出しとか仕込みとかそういうことをずんずんおこなっていたはず。定食がどんどん出るようなつもりで勝手にいたのでなんかすごい作りすぎた記憶。
作りすぎているうちに16時になっちゃったので「あ、」とか思って1時間ずらした。1時間ずらしたら30分くらい余裕ができたので、コーヒー淹れて、屋上にあがって、一服しながら、ほっとひといき、みたいなのんきなことを。
それから「こここそがまさにその場所になるんですよ」という、大変なんというか、いいぞ、というところでTalking Headsの大好きな「This Must Be The Place」を流し、ふむふむとか思い、オープンした。万感というよりはバタバタと。そういうものだよなと思いつつ。

以上、動き始めて131日、フヅクエができましたというか始まりました。

「フヅクエができるまで」の他の記事