本の読める店

フヅクエができるまで(34)9月29日〜10月1日、オスモカラー3072アンバー

Entry blog fuzkue273

登場人物の説明や更新履歴

1:緑色のソファになる予定のもの
2:塗装中。なんかすごい大変だった
3:塗装中。なんかすごい大変だった
4:塗装中。なんかすごい大変だった
5:金物を劇薬で黒染め中。楽しい
6:その金物を使って付けたトイレの棚
7:板金屋さんが作ってくれた四角いやつで厨房の吊り戸棚の下の板を取り付けた様子
8:同上

「xx日目。ただひたすら、オスモカラー3072アンバーを塗り続ける
掲題の通り今日は本当にひたすら、しゃにむに、ひねもす、一心不乱に、10時間くらい飯も食わずにぶっ続けに、塗装の一日。カウンター、厨房側の本棚、トイレの扉等を。
ウェスという、白Tシャツの余った部分をつなぎあわせたもの、と昨日友人に教わった白い布があるんですが、それを塗料で浸して、あるいは極細の絵筆を駆使しながら、ひたすら。
無垢材のすべすべのところを塗るのはまだ楽なんだけど、本棚の背面とかトイレ扉とかがベニヤで、ベニヤを塗装するのがたいへんきつい。ベタっとつけてしまうとやたら吸い込んで激しいムラになってしまうので、ほとんど枯れたかに見える状態で、ウェスに蓄積されて染み込んでいる塗料をあてに、押しつけ絞りだすような感じでギュッギュッと。ひたすら腕を運動させていたので「このまま続けたら俺はマッチョな感じになれるんじゃないだろうか」ということだけを希望の根拠としながら、とにかく塗り続けた。
たいそう疲れたためとてもいい具合に仕上がった気がする。
なおオスモカラーは何かと好ましい塗料らしいのですが自然発火する可能性があると言えばあるらしいのでウェスは水に浸して帰った(以前そのままガラ袋に捨ててしまい、それに気づいていてもたってもいられなくなり夜中に車で初台まで行くということがあったので同じ轍を踏まないために)」

「フヅクエができるまで」の他の記事