本の読める店

平日の営業時間の変更のお知らせ

Entry blog fuzkue433

2017年2月より、これまで18時だった平日のオープン時間を12時に変更します。閉店は変わらず24時です。
新しい営業時間は下記です。

open12:00 / close24:00

なおこれは「試行」というていで、6月末を一つのめどにこの営業時間が適切なのか再度検討するつもりで、「ひとまず半年はこれでやってみるぞ」というところなのですが、場合によってはすぐに音を上げて「すいません、やっぱり平日は夜だけに戻します……」とか言い出す可能性は十分に考えられます。ブログでもお伝えはしますが、そのときどきの正しい営業時間はページ下部に記載されている数字です。

というわけで、先日「平日の営業時間を変えようかな日記」という記事で書いたとおりの変更をすることにした。書いた時点でそれは決まっていたというか、何にせよ試してみないことにはわからないので、試しにと思ったら試してみる以外に試す方法はないから試す以外に選択肢はないわけだった。そういうわけで試しに変更です。12時24時ってなげーなしかし。大丈夫かなほんと。まあとにかく、試してみないとわからないので。試してみるという、そういうことで。

……というわけで、「週末の営業時間の変更のお知らせ」の冒頭部をちょこちょこいじったら新しいお知らせが作成できた。
大笑いですわ。大笑いです。大笑いですわ。大笑いです。ゲラゲラですわ。ほんと、なんなのこの猪突猛進というか思いついたら全部実行しないと気が済まない感じ。ほんとやめてほしい。お前は「変更決定」とか言ってそれで気が済むかもしれないけど振り回されるのは俺なんだからね。俺の身になって考えてよね。と俺に言ってやりたい。
思いついたのが1月5日で「やろうかな」を書いたのが1月13日でインスタに投稿したけど1月16日から定食屋の階段のところで営業形態変更のお知らせを置き始めた。書かれたことが現実を先導していく。
今の気分はなんかこう、明日からでもそうしたいというところなのだけど、まず定食屋のお客さんを戸惑せてしまうし、あとちょっとあいだを置いておかないとそもそも誰ひとりとして人もやって来ないだろうし、だから2月から。2月、早く2月にならないかな。もう1月おしまいでいいよ。って、これ年末の1月待ちと露骨に同じようなモードになっているwwwと思って笑っている。全体的にゲラゲラ笑っている。

しかし平日、昼間、どうなるのか。今これはまさに定食屋やりながら書いているんだけど午後1時、今だったらあと1時間くらいしたら閉めて、っていう区切りがあるけど、2月からはこれがこのまま夜の12時までシ〜ムレスに続くんだよなと思うと、「なんかすごいなそれw」と思う。あでもあれか、1月からの週末がそれだから別に目新しいことではないのか。2月からなるそれはあれか。なら全然いけるわ。どうせ暇なのでダラダラ本読みながら営業したい。それも楽しそう。
まあしかし、どうなるかわからんですがそれなりにちょっと怖さあるっすねー売上激減の憂き目の可能性大いにありんすからね。がんばがんば。まあそのときは定食屋に舞い戻るということか。舞い戻る。営業形態変更のお知らせにはこんなことが書かれた。
「これまでは扉が開いて複数の方がおられると、「よっしゃー2000円なり!3000円なり!なんとなんと4000円なり!」とよろこび、また、売上全体を見ても定食屋に大きな依存をしてきたのですが、主業であるフヅクエで適切な未来を作り上げていくため、変更を判断した次第です。
ある日ふいに看板が元の定食の写真のある状態になっていたとしたら、それは「やっぱり定食屋やらなきゃ土台無理な話だった…なので定食屋に戻ります」ということです。そのときはまた、お仲間と話をしながら食事をする普通の店として、お二人なり三人なりでいらしてください。」

そうならないといいなと思うし、そうなったらそうなったでまた考えたらいいなと思っている。
というわけなので不定休者諸君、主婦あるいは主夫諸君、サボリーマン諸君、その他平日昼間に空いている諸君、フヅクエは諸君たちの到来を心から待っている!

「フヅクエの日々」の他の記事