本の読める店

男性・女性(あるいはフヅクエにおける飲酒の傾向)

Entry blog fuzkue364

いや今日はけっこう降ってるし暇だろうなあ昼、と思って迎えた昼の定食屋営業、がそれにしたって雨ニマケスギwwwという感じの負けっぷりを見せてくれる暇っぷりだった。聞いたら驚くよ?という暇っぷりだった。聞きたい?いわなーい。

「いわなーい」で一人でなにやってんだよ俺はwwwとひとしきりゲラゲラしていたのだけどいま収まったので続き書くのだけど、ともあれ暇なので、ぼーっとしながらなんとなく「そういえば」とか思ってExcelを開いて数字を見ていて、これはどういうふうに考えたらいいんだろう、とか思ったことがあってなんか統計とか知ってそうな友達に「平均値がこれで中央値がこれで最頻値がこれなんだけどこれはどういうふうに読んだらいいんですかね?」みたいなメッセージを送ったら「かくかくしかじか」と返してきてくれて、「面白いね」と返したら「面白そうですね。もし大丈夫だったらデータください」ときたので送った。すごい楽しい分析されたらすごい楽しいな。

それはそうとその流れで「そういえば」とか思ってお客さんの男女比率を改めて見てみたのだった。
昨日の夜いっときお客さん全員が女性というシーンがあって「お、全員女性になった」と思ったのだけどでもそれは特に驚くようなことでもなくて、ごくごくたまに全員男性みたいなときがあってそのときは「うへ〜〜〜野郎ばっかだ珍しいwww」と愉快な驚きを覚える感じなので、なのでというか、フヅクエのお客さんは男性より女性の方が多い。
感覚としては7:3くらいで女性かなーと思っていて、で数字を見てみたらそうでもなくて6:4だった。今年の頭くらいは6.5:3.5くらいだったのだけど3月から6月にかけてはきれいにどの月も6:4になっている。なるほどなるほど〜。なるほどですね〜〜〜。

で、今度はお酒を飲む人の割合ってどんなもんなんだろうなというところを見てみた。すると全体としては40%の方がお酒を飲んでいて、こちらは男性の割合が高く49%の人がお酒を飲んでいて、女性では37%の人がお酒を飲んでいる。(これはオーダーのなかにお酒が含まれる割合なので、1杯目はお酒で2杯目はコーヒーみたいな方も入っていて、調べてはいないけど感覚的にはそういうパターンはけっこうある気がする。そんでもってそれができるのってすごくいいよなと思う)

これを調べてみたきっかけはちょっと前に交わしたお客さんとの会話にあって、その方は一人で店に入るのがわりと苦手という方で、その方はお酒を頼まれることが多い方で、「そう考えるとなんかすごいですねー」とか話していて、なんというか、一人で店に入るのが苦手な方が気軽にお酒を飲める店ってめちゃくちゃ稀有なんじゃないのかなと思って、でもお酒飲まれる方ふつうにたくさんいらっしゃるよなーと思ってそれで調べてみたのだけど、こうやって数字を見てみると改めて「ほー」と思うというか、お客さんの6割が女性でそのうち4割の方がお酒を飲む店って他にあるのかな、なんかこれほんとすごい気がする、と思った次第だった。

こういうのって「いやいや一人でも全然居酒屋とか入りますよ?」という人にとっては「え、普通じゃない?」というふうにしか思われないだろうしもし「え、普通じゃない?」と言われたとしても「うっせーよお前の普通を押しつけてくんなよそもそもほんとにそれが普通に誰しもがおこなうことだと思ってはお前それ言ってないだろ変なやり方で自分の優位性みたいなやつ作ろうとすんなよ普通のハードル上げて全体を押し下げて結果として自分は普通だけど相対的には優位みたいなやり方じゃなくて自らのその足で軽々と浮かび上がるようにただ美しくあれよ」としか僕も思わないのだけど、僕はそういうの基本的にできないというか一人で入ってもどう時間つぶしていいかわからないし視線をどこに持っていったらいいかわからないし知らない人と話す状況というか曖昧な状況で人と話すのが苦手という方が近いかな、だし、だから基本的に一人で居酒屋行ったりとかはしないというかいややっぱできないというタイプの人間なので、この「一人で酒飲んでいる人がけっこうな割合でいる」という状況はなんというか「そういう場所があっていいですね」という羨望のまなざしというかうつくしいしうれしい。

写真はわりととんとん出てあと何杯かで終わりそうなフランスのクラフトジンであるところのゴールド999.9の様子。

「フヅクエの日々」の他の記事