本の読める店

4月14日、朝フヅクエ始まる(実話)

Entry blog fuzkue342

(追記:あさふづくえ終えた(実話)

「まさかのwww」というところですが、こういうのは最初に内容を記した方がきっと歓迎されるだろうからといういつになく殊勝な態度で下記が概要。

掲題通り朝の時間にモーニングな営業を始めます。
店名:あさふづくえ(仮)
コンセプト:Neighborhood & Coffee
開始時期:4月14日
営業時間:平日7:30〜12:00(LO10:30)(やりながら調整する可能性も)
お出しするもの:やたらおいしいパンにおかずちょこちょこみたいなワンプレートなあれとひたすらおいしいコーヒー紅茶ハーブティー等といったあんばいのあれ。
その他:会話ご遠慮とかフヅクエ的やっかいなあれこれはなく、価格帯も夜とは異なってモーニングのセット750円、ドリンク単品だと500円とかそういう具合。

だそうです〜。

やることになった経緯は次の通り。
1月14日、「ゆるい求人/MMMM(朝)」という記事で「モーニングとかどうすかねモーニングとか、ふと思いついたんで書いてみたんですけど」と書いた。1月15日、「お話伺いたいです」という方から連絡(「マジかwww」と思う)。1月20日、お会いしてお話してやること決定(「ほんとやることになっちゃったwww」と思う)。

というわけで、ずいぶん前に決まっていたんですよね、しかもどうでもない思いつきの一週間後というすごい速やかさで。 店を任せる人間の方についてはまた後日書こうかと思うのだけど、なんかこう、いい朝の時間を作ってくれるだろうなという気がしているのでたいへん頼もしいというか楽しみだねと思っているところ。

ところでコンセプトに「Neighborhood & Coffee」と書いたけれどこれはまあ冗談なんだけど先日書いたスタバが初台にできるんすよという話、続きがあり、普通のスタバじゃなくてNeighborhoodタイプの、ちょっと前までだったらInspired by Starbucksとなっていたやつ、代沢とか池尻とかにあるやつ、web見たら今のところ全国7店舗なのかな、カフェラテ580円とかの価格帯で、ビールとかワインとかもあって、たぶんフードも普通のやつより凝った感じとかなのかな、お店の人も白シャツとかでなくおしゃれさんがカジュアルな格好のあれでみたいなあれで座席もいろいろな種類があって、みたいな、大資本が小資本でやったりもしそうなカフェをガチ資本でやりました、みたいなあのたぐいのやつで、それ知ったとき僕は「え!」となった。「それってわりとただの競合では?」と。
ちょうどひと月前なんですけど、なんかいいよみたいに教えてもらったこともあって初めてそのタイプのお店に行ったんですけど、それがだいぶ心地よくて、「こいつはたしかにいいね」とか思ってたところなので、なおさらで。そのときは静かだったしゆったりした席でゆっくり本を読めた。夜だったらビール飲んでた。静か&快適&ビール&読書。あれ?それって?というあれで、ま、静かだったのは偶然だろうけどね!とは言っておきたい。

そういうあれで、やや「うえ〜…」と思ったんですが、朝のことを考えると「ちょっといいかも」と思っていて、なんせスタバができることで人の流れがそっちまでできるので、わたくしどもの看板も目に留めていただける機会がぐんと増えるだろうなと。
いうわけで4月14日朝7時半、スタバオープンときっちり同じタイミングで朝営業を始めます。最初の一週間くらいは僕も立つつもりなのだけど夜12時に閉店して朝7時半から営業とかそのあいだほんと地獄だろうなと、今から恐々としているところです。しかし朝がなんだか楽しみなんだよな。いい時間を創出したいぞみたいな、そういう気分です。という話でした。

「フヅクエの日々」の他の記事