本の読める店

会話のない読書会 2/10 川上未映子『夏物語』

Entry 0210 natsumonogatari

その本を読むためだけに用意された、贅沢で最高の読書時間——

「会話のない読書会」は、楽しみにしていたその本を、同じくその本を楽しみにしていた人たちだけが寄り集まった空間でただ読む、という読書会です。
この読書会では、参加者同士が車座になって気の利いた気づきを発表し合ったり語り合ったりすることはしません。映画館で映画を観るように、おのおのの席で、黙々と、ただ読む。コーヒーやお酒や食事を楽しみながら、決められた時間のあいだ、ただただ読む。時間になったら帰る。
参加者たちは見知らぬ者同士のまま、「ここにいる全員が今、同じ本を読んでいる」という認識だけが渦を巻く。ただそれだけが、どうしてだか忘れがたい、濃厚かつグルーヴィーな体験に、なれ、という企てです。
(参考:ご参加の方のご感想等

会話のない読書会
日時 2月10日(月) 20:00~22:30
open19:30 / close24:00
場所フヅクエ
読む本 川上未映子『夏物語』(文藝春秋)
(本はご用意ください)
料金 2,000円(税別)
2,000円分の飲み食いをしていただけます。感じとしては「コーヒー2杯とケーキ」とか「ご飯と飲み物とちょっと」とか、そのくらいです。余ったりはみ出たりする分は差額のお支払いで何でもご注文いただけます。(メニューはこんな感じです
定員 10名
予約 こちらからお申し込みください
内容 「読む本」を読みます。
  適宜飲食物をオーダーしつつ、飲み食いしつつ、自分のペースで読みます。
  この日から読み始めるでもいいし、この時間で読み終わるような箇所まで進めて来るでもいいし、再読するでもいいし、好きなように読みます。
  途中で疲れたらしばらく他の本であるとかに退避可。外出しての休憩も可。映画館同様途中で帰るのはできたら我慢。
  22時半で終了のお知らせ。
  閉店時間の24時までは残って読み続けてもいいし、もちろん帰ってもいい、という感じです。

◎作品紹介
パートナーなしの妊娠、出産を目指す夏子のまえに現れた、
精子提供で生まれ「父の顔」を知らない逢沢潤――
生命の意味をめぐる真摯な問いを、切ない詩情と
泣き笑いに満ちた極上の筆致で描く、21世紀の世界文学!
世界十数ヵ国で翻訳決定!

生まれることに自己決定はない。だが産むことには自己決定がある。
この目も眩むような非対称を、どうやって埋めればよいのか?
母になる女たちは、この暗渠をどうやって越したのか?
どうすれば、そんな無謀で勝手な選択ができるのか?
作者は、「産むこと」の自己決定とは何か? という、怖ろしい問い、だが、
これまでほとんどの産んだ者たちがスルーしてきた問いに、正面から立ち向かう。
――上野千鶴子(「文藝」秋季号)

笑橋で今日も生きる巻子の、物語終盤での言葉に、誰もが泣くだろう。(中略)
この作品は間違いなく傑作である。
――岸政彦(「文學界」8月号)

この作品は、全方向からの意見に耳を傾けているような、
極めてフェアな作りになっている。
それも生殖医療を論じる難しさの中で、
子どもを持つ、というシンプルな願いをどう叶えるかと、模索した結果であろう。
川上未映子は、難しいテーマを、異様な密度で書き切った。
――桐野夏生(「文學界」8月号)

これ以上ないほどシリアスな倫理問題を扱っているが、
大阪弁を交えた語りやセリフの爆発的な笑いの威力よ。
破壊と創造を同時になしとげる川上語も堪能されたし。
――鴻巣友季子(「毎日新聞」7月28日書評)

この物語には、人が生まれて生きて、そしていなくなることの、
すべてがある。
→Amazon

ご予約はこちら

「会話のない読書会」予定一覧
(2020年は毎月10,20,30日に開催する予定です)

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「会話のない読書会」の他の記事