本の読める店

オープンから半年、現状

Entry blog fuzkue164

昨日書いたように開店から半年が経った。春を、迎えられましたね、そういえば、というのが、昨日半年経過に気づいたときに思ったことだった。

というのも、年末くらいの時期だったと思うけれども、友人とかに「どれくらいもちそうなの?」と問われる場面で僕は「このペースだと春にはショートするんじゃないかな」と答えていたのだった。
春にショートの根拠は何だったかなーというのでファイルを探したら、「ガチ計算」というわかりやすいようですぐにわからなくなりそうな、なんにせよ身も蓋もない名前のExcelファイルが見つかった。
開いてみると、最初の行に「運転資金は残りxxx万!」とあり、日商、月商、原価、地代家賃水道光熱費その他経費や最低限の生活費、みたいなあれこれを足したり引いたりした、10パターンくらいの計算が並べられていて、たしかに年末までのペースだと5ヶ月でアウト、みたいな感じだった。それをもとに僕は春でショートと言っていた。

で、実際のところは、面倒というか直視したくないのであまり計算はしていないから感覚でしかないのだけど、赤字の垂れ流れペースとしては年末の時分よりは鈍化していて、だからまあ、今のペースであってもあとどうだろう半年くらいはいけるのかな、知らないけど、みたいな感じではある。よいことだ。知らないけど。

ただ、2月3月4月と、これが徐々にではあるけれども集客が伸びているならばたしかによいことだと言ってもよさそうな気もするけれど、かなり横ばいな感じというか、停滞というか、いや下手したらこれちょっと下ってませんか、ゆるやかに、ぐらいの感じでもあり、予断は許さないっちゃ許さないのかもしれない。

とは言え、しばしばお客さんからも「大丈夫そうですか…?」と心配そうに聞かれることがあり、僕は大丈夫ですよとお応えするのだけど、これはね、なんていうか、大丈夫なんです、というか、大丈夫にするのでぜったい大丈夫です、ダメでしたーおしまいにしまーすとか簡単に言える代物ではないので、できたら這いつくばったり泥にまみれたくはないんですが、いざとなったら大丈夫にするしか道もないというか大丈夫にするのでどうであろうと大丈夫です、という感じでいる。

正直なところここまで苦労というか軌道って乗らないものかーというのは想定していなかったのだけど、まあ引き続き、来てくださった方には気に入っていただけているケースが多い感じはリピートしてくださる方の率を見ているとわかるというか自信を持てるしオッケーオッケー、というか。
フヅクエがダメだったらそれダメでしょ世界、というか。言い過ぎましたが。いや、知らないけど、僕はそんな放言もしたくなる程度にはフヅクエを信じているというか信じたいというか「フヅクエ的な場所俺は超欲しいんですけど、どうですか、欲しくないっすか、俺だけっすか?」というか、だから、ダメだった場合は俺と世間のニーズ的なもののギャップ的なものに何よりも驚き打ちひしがれる的なことになるんだろうなと思う。

しかしまあなんというか、もちろん極めて深くどこまでも鬱屈しますよ私はという夜なんていくらでもあるけれど、この経営状況みたいなものでそれでもわりと平然とした顔と気分でやっていられるのは、来られた方々の好意的な、それはアンケートであったり、ツイートであったり、ブログであったり、そういった場所場所で見られる好意的な言葉たちによってこそというか、HP5くらいのときでも一瞬で100とかまで回復する感じがあるから、言葉の力というのはものすごい。というかありがとうございます。

そういうわけで半年もったのでめでたいのでいい調子でやっていきたい所存というか。

オープンから一ヶ月、現状
オープンから二ヶ月、現状

photo by 斉藤幸子

「フヅクエの日々」の他の記事