本の読める店

予約システムの構想

Entry blog fuzkue88

先々週の土曜、それから先週の土曜と、席が一時的に埋まるという状況が生じて、先々週は慌てふためくだけだったのだけど先週はTwitterで「いま満席です」とか「もう大丈夫そうです」とか、たしかそんなことを投げた。
なんかこうふだん頭の狂った閑古鳥が耳をつんざく甲高い声で鳴き続けているような店が「満席警報」とか言ってワロスですなあ、どの口ですか言ってるのは、どの手ですか打ってるのは、みたいな笑止な感覚もだいぶあったのだけど、一方でその時に来られた方に対しては申し訳がないというか、近所の方ならまだしも、よその駅から電車に乗って来られた方もきっとおられただろうから、これはごめんなさいっていうのも違うとは思っているのだけど、なんだろうか、お察ししますというか、ごめんなさいじゃないニュアンスのアイアムソーリーな感じというか、を覚えた。

この先どうなるのかは知らないけれども、「お前ずいぶん気が早いな!」という感じで僕が構想、ではなくて妄想している予約システムを書いてみようと思う。しかもこれ、8月くらいには考えていた、と思って実際いつ考えてたんだっけと、開店するに際していろいろ考え事を書いていたノートをめくってみたところ、どうも6月前半に考えている痕跡が。まだ物件探しも始めてないじゃないか!なんという時期尚早!
(というか今だったら単純に「いつ空くかはわかりませんが空いたらお電話しましょうか」みたいな対応が妥当なのかなきっと。)

で、例のそれ。
目的としては「行っても入れないかもしれない」リスクを限りなくゼロにすること。でも事前に21時とかで予約を受け付けちゃった場合に、それより前の方々がどれだけおられるのかなんて神のみぞ知るだから常に1席を空けておかなければならなくなり、さすがになんだかおかしいことになりかねない。だから予約は到着の1時間前から可能。1時間あれば十分かなというか。
webにアクセスすると「空席状況」の項目があり、それクリックすると「がらがら」「そこそこ」「けっこう」「いっぱい」みたいに表示され、「いっぱい」のときは受け付けられないのだけど、それ以外のときは「今から予約する」みたいにして、できたらFacebookなりTwitterなりのアカウントにログインされた状態で予約してもらって、1時間後には予約消滅するので気をつけてくださいみたいな注意喚起がされて、その時点で残り1席だったときは予約完了とともにステータスが「いっぱい」になって。
で、到着されて「予約したxxxです」つって「ようこそおいでくださいました」つってその予約をこちらがPCでポチっとして完了みたいな。
あとは「いっぱい」のときに「空いたらお知らせを希望」とか、で「お、空いた!いざ予約!」とか、複雑になるのかな。
そうこうしている間に愉快犯が発生するようになって誰もいないのにいつも「いっぱい」になってるよ…!という困難な事態に。だからFacebookなりと紐付いていた方がよいというか。

以上のことが2時間半のあいだどなたもおられない、さきほどやっとお一人来てくださった、そういう店内で書かれたという事実を深く、そして真摯に受け止めたい。

photo by Leland Francisco

「フヅクエの日々」の他の記事