本の読める店

今日の一冊

Entry apc 0247

今月の福利厚生本(山口くん)

ウラジーミル・ナボコフ『アーダ(上)』(若島正訳、早川書房)

寒いね

寒いですね、すいませんたくさんお休みいただいちゃって

ああいえいえいえ、楽しかった?

へへへへ、くる、苦しかったです

苦しかった、苦しかったよね、もうすっかり

はい、大丈夫です

今日から上着を着始めました

そうですね初めて見ました

僕も初めて着ました、はい

あ、ありがとうございます

これってさ、新潮、これは、河出だよねたしか

早川、

早川

でしたっけ

これって、新潮のあれには収録されてないの、全集

あれには、収録、たしかされてないんだと

あそっか、じゃあ全集、じゃないってことなのかな

たぶん全集、じゃないんでしょうね

全集、じゃないってことだよね、コレクションみたいな感じなのかな

これかっこいいですよね

かっこいいよね、なんか、冒頭もかっこよかったよ

へ〜

ナボコフを、読もう、読みたくなったの

なんかその、読書会やってる、ときに、なんか、ろり、あなんかの本のいちばん後ろに、これのなんか広告みたいなのが載ってて

へ〜

なんか、ナボコフって読んだことないなって話をしていたら友だちがロリータが面白いよって言ってて

へ〜

なんか昔ロリータちょっと読もうとして、なんか50ページくらい読んで、うーんなんか難しいからいいやってやめたんですけど

へ〜ロリータってそうなんだ

なんか今読んだらどうかわからないんですけど昔その、やめてて、いっこもそういえば読んだことないなって、違うやつ、これ、よさそうなんか

長いの行ったね

そうなんですよ、最大、傑作、って書いてますね

へ〜最大傑作なんだね、最大傑作、最大って書いてあんの

最大、ナボコフの、最大傑作

へ〜最大傑作っていう言い方ってなんか、最大傑作って、めずらしい最高傑作

そうですねたしかに

最大傑作ってなんか、最大傑作、なんか、けっさく、っていうのがなんか、農機具、のう、こう、農機具の、のう、

コンバインとかの農機具ですか

あーそうそうそうなんか的なものに聞こえてきたけっさく、

あははは

そういうのありそう、けっさく、耕してそう、へ〜、ナボコフね、1969年、1969年そうか、1969年、や、今俺が読んでる別れる理由と、同じくらいだな

へ〜

69年から、連載だったかなたしか、へ〜、若島さん、若島さんなんだね、そうか、

あへ〜

ん? なんか、これってどういうあれなんだろ

ほえ〜、どういう、なんかすごい、こういうところに、書いてあるやつのなかで、へ〜、なんか、えどういうことなんだろ、

お〜、ちょっと、どういうことかわかったら、教えて

え〜、そんなこと書いていいのかな

なんなんだろうね、どういうことなんだろ、小説だよね

小説、だと思います、え〜、ふう〜ん、

最初に、ふう〜ん

・・・

現在の読書日記はメルマガにて配信しています。
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。
下北沢店をつくります&スタッフ募集のお知らせ

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今日の一冊」の他の記事