本の読める店

今日の一冊

Entry 0706

今月の福利厚生本(山口くん)

岸政彦『図書室』(新潮社)

おつかれさまでーす、氷砂糖とにんにくと、買ってきて、あとマッシュルームセロリは冷蔵庫入れといて、これから、走り行こうと思ってて、それで、寄ろうと、

あ、

あ、はい、本、

あ、ありがとうございます

断片的読んだの

今半分くらい

それを買ったってことは、よか、いい、感じ、ってこと

そう、ですね

優しいよね

へへへ、優しいですね

小説も読もうって思ったんだ

そうですね、なんか、ビニール傘が最初で2冊め、なんですよね

うん

昨日、紀伊國屋の、新宿行って、けっこういたるところに図書室置いてあって

そうなんだ

ほんとは順番に読みたい派なんですけど、まあ、いいかなって

へえ〜、そうか

岸さん、阿久津さんけっこう読んでるんですか

や、そんなことも、断片的と、街の人生と、沖縄のやつ、

あ〜

かな、小説はあの、最初出たときに、新潮だったか忘れたけど、それで読んで、っていう、なんか断片的ものすごい好きで、たぶんここで100冊近く売ってるんだよね

あ、へ〜

ずーっと売っててさ、いい、本当にいい本だよね、

写真も岸さんが撮ってるんですかね

写真もいいよね、わかんないけどそうなんじゃない、クレジット、見た

どこにも書いてなくて

あじゃあきっとそうなんだろうね

写真、出てくるたびにすごい、泣きそうになる、いいなあって

いいよねえ

・・・

現在の読書日記はメルマガにて配信しています。
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。
下北沢店をつくります&スタッフ募集のお知らせ

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今日の一冊」の他の記事