本の読める店

今日の一冊

Entry 0312

近藤聡乃『新版 近藤聡乃エッセイ集 不思議というには地味な話』(ナナロク社)

山口くんの今月の福利厚生本です。
「どうしてこれを読みたかったの?」を聞きました。

なんかえーこ、あ『ニューヨークで考え中』を最近、読んで、面白いなあ、と思って、それでです、でしかないんですけど

『ニューヨークで考え中』いいよねえ

よかったですねえ。というか、毎回こんな、こんなコメントですけどこんなので大丈夫ですか?

いや大丈夫どころかとってもいいんじゃないかなあ。ダメかな?

や、どうなんですかね

いいと思うんだよねむしろ。なんか深遠な理由とか言う?

深遠。まあたしかに

読みたくなったから読みましたでもうそれだよね。まあなんか、続けていたらドラマチックというか、あーそういう流れ〜みたいなのも出るかもね

そうですね

いい話〜的な

いい話ありますかね

え、あるんじゃない、や、わかんないけど

えっへっへ

・・・

現在の読書日記はメルマガにて配信しています。
メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内
店主阿久津隆著『読書の日記』(NUMABOOKS)も発売中です。

メールマガジン「読書日記/フヅクエラジオ」のご案内

「今日の一冊」の他の記事