本の読める店

『ユリイカ2018年9月号 特集=濱口竜介』

Entry yuriika

ユリイカに、エッセイ。なんとまあ。という感じなんですが、掲題の雑誌にエッセイを寄せさせていただきました。

なんかこう、ユリイカに、エッセイ! という感じがして、なんかこう、すごいすごい! え、すごくないですか!?みたいな、これで店に箔みたいなやつつかないかな! みたいな気分がちょっとあって嬉しいんですが、フヅクエを始めたときから僕はあの、商圏なんてそんなもん日本全国や!全国の読書好きの聖地になるんや! と言っているのですが、こういう、そういうことで、なんかこう、一歩近づかないかな、と思って、なので、がんばれフヅクエ、どんどんいこうぜ、と思っているんですが、それにしてもユリイカ、ユリイカなんてすごいなあと思って、ユリイカなんてめっちゃ頭いい人とかディクショナリーな人とかだけが書いたりする雑誌なのかと思っていたから話をいただいたときは僕ラカンとかランシエールとか読んだこともないですけれど大丈夫ですか!?と思ったのだけど、構わないから話をくださったのだろうというところで、書いたんですけど、それで数日前に届いて、読んでるんですけど、面白くて面白くて、映画にまつわる文章って久しく読んでいなかった気がするけれどこんなに面白いものだなあと思って、『寝ても覚めても』の論考をまず読んでいったんですけど、うわあ!へ〜!すごい〜!なるほど〜!となって面白くて面白くて、9月になったらまた見るぞと思ってとても楽しみなんですけど、それでどれ読んでも面白いから、面白くて、面白い面白いと思って、それからふと我に返って、ここにほんとに俺の文章載ってんの!?と思って、思ったんですが確認するのも怖いみたいな、思って、むしろ出てくるなよ〜俺の文章出てこなくていいからな〜と思いながら面白い面白いと思いながら、読んでて、読んでたらページめくってる中でちらっと見えて、なのでやっぱり載ってるみたいで、なので載ってるんですけど、他の人のやつを読んでいたらあれ?俺なんか書いたけど、あれってオーダーに応えられてるのかなあれ、なんか、大丈夫だったかなあれ、と思って、書き上げたときはおっしゃー書けたぞーいい文章なんじゃないかこれはって上機嫌だったんですけど、心細くなっていったというかなっていて、あんまりなってもいないんですけど、なったりならなかったりしていて、それはともかく面白いので、『寝ても覚めても』を見ようと思っている人、『ハッピーアワー』でドーンとなった人はみんな持っておくと楽しいんじゃないかと思いました。



お知らせ
読書日記が本になりました

「メディア掲載等」の他の記事