本の読める店

振り出しに戻る

Entry blog fuzkue355

ツイートbotみたいなやつを使ってブログの過去記事を11時間ごとに投下していて、たまに自分でも「確かにこんなこと書いたなあ」とか「ほんとこの書き手のリズム好きだなあ」とか思いながら読んだりするのだけど、昨日だか今日だかに「月々8万円の買い物」という記事があがっており、読んだ。
フヅクエだけではにっちもさっちもいかなくなって昼に定食屋を始めて、妥当なところに落ち着きそうな感じだったので人を雇い始めました、月々8万円払って自分の時間と心身の安寧を買うことにしました、ということが書かれている。

読んで、「あ、振り出しに戻っちゃったな今」となった。
先日も書いた通り定食屋の店長がお辞めになったことに伴い、4月から僕は定食屋に立っている。
それまで考えてもみなかったことだったのだけど、辞めることを告げられてから(念のためですが超円満退職です)「ふーむこの先どうすっかなー人探すのもなーなんか川越さんですっかり慣れちゃったしなー他の人のイメージもつかないんだよなーこちらとしては」とか考えていたところ、ふと「あれ?これ、俺じぶんで働いたらだいぶお金的に楽になるというかお金的に楽になるのでは???」という考えに行き当たった。要は、昼に掛ける月8万という人件費がけっこうのしかかっていたらしかった。お願いするのがデフォルトになっていたのでそんなこと考えてもみなかった。

つまるところ秋から始まった返済による支出の増加と、秋から始まった定食屋の売上の減少(妥当なところに落ち着いてなんかいなかったのだ…!)で、フヅクエも一向によくならないし、気づいてみれば自分の時間と心身の安寧を8万円で買っている場合ではなかったということらしかった。
そういうわけでいったん買い戻した自分の時間と体力を再び売って、今度は精神の安寧を買い戻す、ということになったのが4月ということらしかった。
ある意味、願っていたことでも想定していたことでもなかったにせよ、タイミングとしてこれはよかったのかもしれないなと今は思っていて、おかげでなんかよくわからないけれど4月のクソ出費分はだいたい取り戻せた感じがするし、でも明日またクソ出費として消費税の引き落としがあるっぽくてふざけんな消費税ほんとふざけんな頼むからほんとふざけんなと思っているからまたその分取り戻すべくがんばるぞーみたいな今おれ超ニヤニヤしてるんですけどほんと何によって駆動してるんだ今の俺はwwwという、ちょっとこんなクソくだらないことで、いやお金ってやっぱクソくだらないとは言えないわ。言えない。俺には言えない。ほんと、勤労の日々だけど気持ちは楽なんだ、お金こうやっていま取り戻すフェーズというのが体感できているというそれだけで。

そう、でも、だから、上述の「月々8万円の買い物」という記事と突き合わせてみると「振り出しに戻っちゃったわwww」というところでは確かにあって、まあそのときに懸念していた「定食屋で働いているとしっかり疲れるので「ま、今くらいでいいかな、フヅクエ」など思ってしまう。「そうじゃないと体が追いつかないよな」と。」というのは今はあまり感じていなくて、定食屋とフヅクエのあいだの時間をできるだけ休憩に充てられるように仕込みを隙間の時間でどんどんやる、みたいな労働の効率化というか濃密化みたいなのがわりとひとつのリズムになってきたのか、あいだの時間わりとゆっくりできているし、そのためわりとゆったりした気分でフヅクエを迎えられているし、ゆったりした気分というのはすなわち「さあフヅクエ開いたぞ!バッチ来いや!!バッチどんどん振って来いや!!!」と言いながらグラブを地面にバシンバシンと叩きつけるような、「わかったからセカンドちょっと静かにしてくれる?」と言いたくなるような非常にこう、アグレッシブなものなので、なんかこう、まあ、よい。

まあでもよくは、やっぱりない。今はいいかもしれないけど、やっぱりここには未来はない。あまりにない。遅かれ早かれどのみち詰む。

まあでもまあでも、まずは気分を尊重した方がいいというか、塞ぐ気分になるのなら塞がないように気を強く持つとかでなく塞ぐ原因を取り除いた方がいいというか。
いま都築響一の『ヒップホップの詩人たち』を読みながら出てくる人の音源を聞いたりしているのだけど、それで昨日とかにERAのところ読んで、ERAは何年か前に1stは買っていて何度か聞いてそれきりだったのだけど、去年出ていたらしい2ndにあたるのかなこれは、『LIFE IS MOVIE』っていうやつ、それ聞いてみたらことのほかにとてもよくて、今日とかも仕込みしながら繰り返し繰り返し聞いていたのだけど、「Heart Beat」という曲に「中途半端だよなー でも暗闇に落ちないことは大事だよなー」というのがあって、そうなんだよなー今の俺ほんと今に限らず人生ずっと中途半端なことし続けているけどその反省はまた別の機会にするとして暗闇に落ちない状況を作っておくことは大事なんだよなー、と、思った。思ったんだよ。
だからまず今、処方。ともあれ、ともあれ早く言いたいよね、「あやっぱり未来は俺等の手の中だったんじゃないすかー」て。

「フヅクエの日々」の他の記事