本の読める店

土曜日の昼営業について

Entry blog fuzkue322

写真は本日の昼ごはんとして久々に食った焼きそばなんですが、すいません嘘ですというかタイトルから想像されるであろうあれで言えば限りなく嘘ですというかで、2月20日の土曜日だけ昼の時間帯から営業しますよ、12〜17時で開けますよ、という話でした。(今日更新した休みの予定はこちらです→ http://fuzkue.com/closed
それも夜に予定があるので昼間やってなんというか小銭でも稼げたら最高最高だと思うよという目論見の昼営業であり、なんというか休んでもべつだん構わないところ、一念発起というか、というよりも、なんも発起してないんだけど、2月ってあれの関係でただでさえあれなのに土曜日とかまであれしちゃったら結構あれだよなあみたいなところもあるし、丸一日休んだところでなというところも大いにあるのでせっかくなら昼からやって小銭でも稼げたら最高最高だと思うよ、というあれでした。なので国民の皆様方におかれましては奮ってご来店くださってね!というあんばいのあれでした。

これが釣りタイトルとして多少でもあれするとしたら「お、それはいいかも」のあれがそれなりにあるということなのかと思うのだけど、あるいは「朝やろうかなとか前言ってたけど今度は土曜昼からとかフヅクエ必死すぎでは?大丈夫かな?」というあれがあるとかかと思うのだけど、アンケート等で、土日はもっと早い時間から開いているとうれしいですねという声をわりと何度も見かけてはいて、見るたびに「そうなんですね」とは思うのだけど、これについては僕一人で回すそれがフヅクエ、みたいな今の体制のうちはないだろうなと思っていて、意外に16時から開けるのですら、「てことは仕込みは遅くとも14時からで、てことは買い出しは」とか言っているとあっという間の16時だったりするので、もっと早くするというのはなかなかあれだなというところで。
ただいずれ、それってどういうタイミングで、どういうあれなのか、皆目あれがつかないけれど、どういったあれか、そういう人がやってきて、発生するお給金とあれの兼ね合いを見た時に「じゃあこの曜日はお願いします」とか、知らないけど、そういうことになったりしたら、土曜日のあれとかもあれになったりするのかもしれない。そういう日はやってくるのか。

わからないが、この店が10年15年あるとして、10年後は40なのでまだセーフとして、15年後は45なのでアウトとして、アウトでなくてもいいけれど、僕が立っている店それがフヅクエ、という状態でしか成り立たないのはけっこうな大ピンチだよねという考えは僕はこれはもうオープンする前から大いなる危機感くらいの感じで思っていて、だからどこかで人に明け渡すというか、明け渡すは嘘かな、人にある程度は任せるということは必要というかそうあるべきだろうと思っておるのじゃ。

というときに思い出す店があって、なんか好きで何度か行っていたら、次いったときに立っていたのが店主の人じゃなくて他の若い人で、というときに、すごい違うな、これ、と思ってしまった場面で。話したことなんて一つもなかったけれどかなり大きかったのかもしれないな、という。
あれは人を雇うっていうあれの怖さだよねーというか店の属人性ってすごいあれだよねーみたいな

いま完全に集中を切らしたというか最初からもちろん集中していないのだけどそれなりに「こういうことを考えるぞ」というのがあったのだけど、今はすっかりのゼロで、なぜなら、インスタで僕は店のアカウントはフォローいただいたらフォローする、というだけなのだけど、そんななかで唯一自分からフォローしたアカウントがある。それが@s2102sであり、3匹の猫ちゃんと1匹のうさぎちゃんの思わず頬が緩んでしまう写真なり動画なりを載せてくださるので、私は大喜びでそれを見るのだけど、今も見てしまって、今日のやつも超かわいくてニコニコが今止まらない。インスタを見ていてたまにコメントでどなたかがどなたかのアカウント名を書くだけというのがあって、「あれってなんなんだろうな?ここは貴様の落書きをするところなのか?(そもそもSNSのコメント欄ってどこまで公共の場として開放されていると考えるのが普通なんだろう?投稿者への対立的なコメントはもちろんありだけど、ブコメかな?みたいな外に向いていないというか、それってシェアして自分の場所で書いたらいいことなのでは?みたいなそういうやつってなんか違和感を覚えちゃうんだけど人々どういうものとして受け取っているのだろう?)」と思っていたのだけど、このアカウントのかわいいあれを見て悦びに震えていると、それがわかった。「ねえねえ、見てよ、これかわいすぎるでしょ!」という、あれは呼び出しだったんですね。猫とうさぎ見てて初めてわかったわーその気持ちわかるわー呼び出したくなるわーだけどわかってほしいけれど誰に何をわかってほしいのかわからん。

「フヅクエの日々」の他の記事