本の読める店

簡単快適!冷しゃぶと千切り野菜のさわやか丼。

Entry blog fuzkue217

なんか写真というか盛り付けとかあれなんですけど適当に作ってみたらたいへん美味しかった気がするので謹んでおシェアさせていただきます。

お腹はペコペコなんだけど、さっぱりしたものをわりとがっつり食べたい、野菜もしっかりとりたいけど、お肉もほしい。そんなときはありませんか?そんなワガママなお腹にぴったりの夏レシピを本日はご紹介します。火を使わないので手軽にささっとできあがりますよ。どうぞお試しくださいね。

「ポークジンジャーとキャロットとラディッシュのライスボウル」

【材料/1人分】
・大根 好みの量 ※大根がなければ他の野菜を使うなり別になくても。
・人参 好みの量 ※人参がなければ他の野菜を使うなり別になくても。
・しょうが 好みの量
・三つ葉 好みの量 ※三つ葉がなければパクチーやルッコラを使うなり別になくても。

・豚バラ肉 好みの量 ※豚バラ肉がなければ別になくても。

・ごま油 好みの漁
・黒酢 娘のみの寮
・薄口醤油 コノミノリョー ※野菜に塩味がついているのでちょろっとでいいか別になくても。
・いりゴマ 木の実の猟

・お米 茶碗2杯分

【作り方】
1.大根と人参としょうがを千切りにし、小さいボウルとかで塩もみして多分10分くらいで水分出るのでしばらく放置する(実際は1時間くらい放っておきました)
2.丼なりお皿なりにご飯を盛る
3.電気ケトルでお湯を沸かす(火を使うことも厭わない場合はやかんでも可)
4.塩もみして水をぎゅっと絞った野菜をご飯に乗っける
5.洗い物を少なくするため4のボウルに豚バラ肉を入れ、沸いた湯を注ぎ、箸でしゃぶしゃぶし、肉まで捨てないように気をつけながらお湯を捨て、蛇口をひねって水を出し、肉を冷やし、肉まで捨てないように気をつけながら水を捨て、肉をご飯に乗っける
6.ごま油、黒酢、醤油を掛け、ゴマ、三つ葉を散らす
7.食べる場所に持っていき、ネットを見ながら、あるいは雑誌でも開きながら適当な気分で食べる
8.食べ終わったら一服する
9.一服し終えたら皿を洗うか、明朝に洗うかを決める
10.決断したらそれに従う

本日のレシピ『適当なさっぱりした丼』はいかがでしたか?
野菜のしゃきしゃきした食感といい、さわやかな生姜といい、ほんのり香る黒酢といい、いくらでも食べ続けられそうなレシピでした!

また適当なあれをやって美味しかったらアップしますね!どうぞお楽しみに!

「フヅクエの日々」の他の記事