本の読める店

どうせ焦るんだから、今はゆっくりしよう

Entry blog fuzkue214

何段階にも渡って設定されている朝のアラームの9時半パートを担当する曲は□□□の「Good Morning!」で、その中に「この余った時間を何に使おう?」という歌詞があって。(9時はS.L.A.C.Kの「Good More」で、あとはビービー言うやつ)

それで、生来の怠惰さという話なんですけど、既報の通り昨日から平日の開店時間を後ろに2時間ずらして18時にした。
とは言え、これもそのときに書いた通り2時間ずらしたところでやることの量というかパツパツ具合というか、これまで16時から18時までに集中して仕込みをしていたというそれは変わらなくて、違うのはそれがオープンの状態でおこなわれるのかクローズの状態でおこなわれるのかというそれだけだということは重々承知しています。
でも15時前くらい、ご飯食べ終わってこれから買い出しにいくぞというところで、「これまでだったらあと1時間で開店だったのが、あと3時間もあるんだな」とか思って、「この余った時間を何に使おう?」とかこの愚かな口は言い出す。いやいやいや、余ってないから、普通に仕込みに使ってくださいよ、と賢い方というか妥当な方の口は言う。そうだよね、つって僕も同意してまじめに仕込みをおこなって無事18時までのところでほぼほぼ仕込み終了させる。この二日はそれができた。

しかし危ういなあと。本当にちょっと気を抜くと怠惰な方向に流れていくというか。僕の考え方でわりとこれよくあるなーと思うのが掲題のやつで、「どうせ焦るんだから、今はゆっくりしよう」というやつで。いろんなことを後ろにずらしていく、それでよりパツパツになる、という本当に悪しきというか怠惰さの権化みたいなあれで。
その口車に乗せられた日には、一服、さらに一服、あげく昼寝、じゃ、18時から仕込み始めますか、とか言い出しかねない、どのみち店開けたって暇なんだからさ、とかなんとか。閉店までに仕込み終えればいいもんね、とかなんとか。そうじゃないだろうと。フヅクエの時間を定食なんとかかんとかの事柄にあてて、お客さんはフヅクエに来ているのに働いている人はなんでだか定食屋の仕込み隊の人、みたいな状況はやめようつってずらしたんだろうと。それをわきまえなさいというかちゃんと覚えておきなさいというかちゃんとしなさいと。

ほんとなんというか、国民の監視の目をゆるめてはならないなーと思いました。それだけなんですが、なんでこれ書こうと思ったんだろう、という話でした。

(写真は昨日からトイレを飾るアガパンサス。見れば見るほどたいへんいい)

「フヅクエの日々」の他の記事